Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2017年4月06木 in 教育施設便覧, 開口部材・内装材・内装設備

寒さを防ぐ、結露を防ぐ。アルミサッシ「断熱アソート/ オープンアトレ」

 

「枠」から断熱すればサッシはもっと大きく、空間は明るく快適にできます。

 

036_056_ページ_01_画像_0001

〈概要〉
断熱アソートは、学校のロビーやエントランスなど開放感のある空間作りに最適なフロント・スクリーン用のアルミサッシ。断熱性に優れ外気温の影響をうけにくい断熱アソートならば、吹き抜けなど大きな開口部であっても寒さをしっかり防ぎ、採光も大きく取り入れることができます。また、結露も抑えるので衛生的です。

〈特長〉
■最大高さ5.9m まで使用可能

建物で熱の流入出が多いのは建具部分です。大型フロントサッシにこそ断熱性の高い断熱アソートの使用をおススメします。

■枠部分まで結露をおさえられます
断熱アソートは枠も断熱構造。結露水が床にたれてすべったり、汚れやカビの原因になるのを防ぎます。

■省エネ効果がアップします
サッシ枠を断熱アソートにするだけで、約25%※の省エネに。CO2 排出量も減らせます。

※ Low-E 複層ガラスを使用した当社一般製品と断熱アソートのモデル計算による熱貫流率を比較しています。

036-001

 

 


オープンアトレ 光と風があふれる気持ちの良い空間を演出します

036_056_ページ_01_画像_0003

〈概要〉
オープンアトレは、幼稚園や保育園の出入口に最適な機能と安全性に配慮した横引き折りたたみ戸。全面オープンにすると内部と外部の隔たりのない風の通る気持ちの良い空間に。閉鎖時も大きなガラス面で開放感を損ないません。

〈特長〉
■段差が少ないフラットレール

段差が少ないフラットな下枠レールで、台車や車椅子の通行もスムーズ。

■指挟みを防止する緩衝材
安全性を重視し、指などを挟みやすい戸先や障子の丁番部分に緩衝材を採用しました。

■採光性の大きなガラス面
パネル幅は最大850mm での製作が可能。ガラス面を大きく取ることができます。

■複層ガラスで省エネ効果
複層ガラスに対応しているので、光の透過性を保ちつつ断熱効果を得ることができます。

036_056_ページ_01_画像_0004

 

昭和フロント(株)
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-13-7
TEL:03-3293-6735  FAX:03-3295-0897
http://www.sfn.co.jp/index.html