Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2014年6月26木 in スクールニュース

【スクールニュース】スクールニュース201406.vol20

成城学園 中高一貫校舎2016年完成予定

成城学園は、2017年に迎える創立100周年事業において、豊かな自然と最先端の環境の融合を目指した教育環境整備を進めている。2016年完成予定の中高一貫校舎は、「成城学園らしい一体感と解放感」「緑を身近に感じる施設」「自然エネルギーの積極的利用」のコンセプトに基づき、既存校舎(第2校舎、中央棟、第1校舎増設部分)との動線も考慮した計画となっている。

詳細は同校ホームページ → http://www.seijo100th.info/kyoiku/kankyou.html

 

大学開発のロボットが原発作業の最前線に

千葉工業大学が独自開発した災害対応ロボット「櫻壱號(さくらいちごう)」が、日本原子力発電(株)の原子力緊急事態支援センターに導入された。「櫻壱號」は、情報収集を目的とした先行探査型遠隔移動ロボットで、平成23年6月から福島第一原発に投入された千葉工大開発の「原発対応版Quince」の改良版である。
櫻壱號は千葉工大より技術提供を受け事業化した(株)日南が製造、販売を行っている。

詳細は千葉工業大学ホームページ → http://www.it-chiba.ac.jp/topics/fuRo-pressrelease20140417.pdf

 

scnophoto