Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2015年8月07金 in スクールニュース

スクールニュース vol.133

 

総務省 ICTドリームスクール実践モデルを選定

平成26年度から実施している「先導的教育システム実証事業」において、今後実現すべき学習・教育環境の姿を「ICTドリームスクール」として取りまとめ、全国への普及・展開が目指している。7月29日、公募していた実践モデルから11件を選出し、発表した。
総務省7月29日発表 ICTドリームスクール実践モデルの提案公募の結果

 

文部科学省 小中一貫教育に適した学校施設の在り方をとりまとめ

7月31日、文部科学省では「学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議」が検討・取りまとめた、小中一貫教育に適した学校施設のあり方についての報告書「小中一貫教育に適した学校施設の在り方について~子供たちの9年間の学びを支える施設環境の充実に向けて~」を公表した。あわせて「小中一貫教育に適した学校施設計画・設計プロセス構築支援事業」について、栃木県高根沢町・東京都八王子市・鳥取市を選定した。
文部科学省7月31日発表 報告書「小中一貫教育に適した学校施設の在り方について~子供たちの9年間の学びを支える施設環境の充実に向けて~」の公表

 

文部科学省 教育の情報化における実証研究の推進

7月24日、文部科学省では、学校教育におけるICTを活用した実証事業のうち、「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業(学校教育におけるICTを活用した実証事業)」として富山県南砺市教育委員会はじめ12件を、「ICTを活用した教育推進自治体応援事業(ICTを活用した学びの推進プロジェクト)」に北海道はじめ33件を採択先として選定した。
文部科学省7月24日発表 教育の情報化webサイト

 

文部科学省 学校施設に関するモデル事業の選定先を公表

8月3日、文部科学省は「学校施設の個別施設計画策定支援事業(平成27年度)」と「学校施設老朽化対策先導事業(平成27年度)」について、委託予定者をそれぞれ千葉県流山市、熊本県菊池市・福井県若狭町としたことをホームページ上にて公表した。
文部科学省8月3日公表

 

精華町 中学校新校舎完成

7月29日、京都府精華町は精華中学校の新校舎が完成、町立学校の耐震化率が100%となったことをホームページで発表した。今後、既存施設の解体などを行い、来年2月に事業完了の予定。
精華町ホームページ7月29日新着情報

 

福井工業大学 スポーツ健康科学部の中心施設完成

7月30日、福井工業大学ではあわら市のあわらキャンパスに完成した「あわら体育館」の竣工式を行った。鉄骨造2階建てのあわら体育館はスポーツ健康科学部が主要キャンパスとするあわらキャンパスの中心施設。8月からクラブ活動で、授業では来年度から使用される予定になっている。
福井工業大学ホームページ7月31日発表

scnophoto

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。