Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2015年8月28金 in スクールニュース

スクールニュース vol.137

 

キッズデザイン賞優秀賞/「京都市立洛央小学校ブックワールドデザインプロジェクト」

キッズデザイン賞優秀賞(経済産業大臣賞)の中で、学校施設関連で紹介したいのが、京都市立洛央小学校の「ブックワールドデザインプロジェクト」京都大学大学院工学研究科建築学専攻 門内研究室/京都市立洛央小学校によるデザインプロジェクトである。
同賞(同プロジェクト)は、1994年竣工した地下1階、地上4階建てRC造の京都市立洛央小学校(オープンスクール型の教室構成)の1階の既存ブックワールドの改修プロジェクトである。
同校の既存ブックワールドは、開校(竣工)当初、図書室として整備された空間ではなく、1階の特別教室等に向かう動線上にあって、児童の生活上の中心的な位置を占めた場所でもあった。そのため、2階の屋内運動場の真下に位置し、トップライトを除いては自然光を取り込むことができず、読書には不適な薄暗い空間であった。こうした状況を改善するため、門内研究室は、子ども達と協働でワークショップを重ねた上で改修することを条件に引き受けたという。
新しいブックワールドは、「頭の中だけではなく状況の中での学びへ」「個による学びから集団による学びへ」といったパラダイムシフトへの学びの変化が生じている。その中で、対話的ワークショップを行う協働的で能動的な図書館利用への要望が高まり、「アクティブラーニング」の場が求められるようになっている。
そこで、ブックワールドを“静かに読む場所”から“○○○○ができる場所”へと変換する(読書/学習・授業/対話・議論/物語/創作・展示/プレゼンテーション/ワークショップ/ICTの利用/司書との相談など)。
新しいブックワールドのデザインビジョンは、「洛央小学校の中心となる多様な学びを可能とする空間」の実現がされ、セキュリティの確保、アクセスの確保など、安全面と運用面への十分な配慮がされている。

京都市立洛央小学校ブックワールドデザインプロジェクト

京都市立洛央小学校ブックワールドデザインプロジェクト

その他のキッズデザイン賞の詳しい記事は、月刊スクールアメニティ2015年9月号に掲載

 

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/

登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。