Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2015年9月04金 in スクールニュース

スクールニュース vol.138

 

川崎市 学校給食センターPFI

9月1日、川崎市はPFI方式にて取組む「(仮称)川崎市北部学校給食センター等整備事業」について、入札の結果、株式会社東洋食品を代表企業とするグループが落札したことを公表した。事業はBTO方式で落札金額は75億373万6,235円(税含まず)。予定では今年12月より設計に入り、開業は29年9月、完全給食の実施は同年12月からで、事業期間は平成44年3月まで。

 

竹原市 小中一体型校舎完成

広島県竹原市では、今年4月に市内初の施設一体型小中一貫校として開校した忠海学園の新校舎が完成した。6日に竣工式と見学会が行われる。施設は既存施設の改修と増築によって整備されたおよそ4,700㎡。小中共用の図書館や交流スペースが設けられたほか、床や腰壁に木材が使われた環境となっている。

 

横浜市 学校跡地活用に向けた対話を実施

旧鶴見工業高等学校の跡地に関して、横浜市では地域課題の解決を目的とした活用の事業者を公募する予定である。公募に先立つ10月19日〜27日にかけて「地域課題の解決や施設整備等に関する事項」「公募の方法」などについて民間事業者との対話を行うと発表した。市の検討内容などを対話で説明し、より良い提案が事業者で検討されることをねらいとしている。

詳細は横浜市ホームページ新着情報8月25日(旧鶴見工業高等学校跡地における民間事業者との対話を実施します!)

 

環境省 「平成27年度グリーンビルディング普及促進に向けた改修効果モデル事業委託業務」

8月25日、環境省は「平成27年度グリーンビルディング普及促進に向けた改修効果モデル事業委託業務」の委託先を募集する。ビルの省エネは、テナントが入居する既存施設ではオーナーが光熱費削減のメリットを感じにくいことなどから改修が進みにくい状況を踏まえ、ビルオーナー・テナントが情報を共有・協働する基盤を構築するための実施計画を取りまとめるモデル事業である。対象施設は床面積が300〜10,000㎡のオフィスビル、庁舎、商業施設、病院、ホテル、学校、飲食店等の業務用ビル。詳細は、事業委託先の株式会社三菱総合研究所のホームページを参照。

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/

登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。