Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2015年11月24火 in スクールニュース

スクールニュース vol.154

 

内閣官房 防災学習教材220万部を配布
内閣官房国土強靭化推進室は、内閣府・文部科学省・(公社)土木学会と連携・協力し、これまでの災害復旧・復興の経験を生かしたリスクコミュニケーション学習教材「防災まちづくり・くにづくり」を作成した。自然災害から「まち」や「くに」守ることを題材に「自分で考える力」を育成する。対象は小学校高学年から中高生がチャレンジできる内容まで盛り込んだ。全国の学校等に対して使用希望を受け付けたところ、11月5日現在で静岡県内の全市町村を始めおよそ1300の自治体から、学校用には1万4千校分、255万部に上ったと発表した。印刷して年度内に配布することを予定している。
(教材URL)http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/textbook.html

上郡町
兵庫県上郡町で、廃校備品を売却するための入札が行われ、11月19日、町ホームページに結果が公表された。最も高く入札されたのは理科室の人体模型で7万1千円。

大多喜町 廃校活用の事業者を募集
千葉県大多喜町では、平成26年度をもって閉校した旧上瀑小学校の家庭科室にて、地元の農作物を活用した地域活性化に取組む事業者を募集している。旧上瀑小学校の校舎は昭和62年建築のRC造2階建で、現在学童保育で使用されている。貸付けられるのは家庭科室と更衣室で貸与額は月額36600円。

文部科学省 学校施設の複合化について
11月20日、文部科学省では学習環境の向上に資する学校施設の複合化のあり方について検討した有識者会議の報告書「学習環境の向上に資する学校施設の複合化の在り方について~学びの場を拠点とした地域の振興と再生を目指して~」 を同省ホームページに公表した。

scnophoto

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。