Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2016年1月19火 in スクールニュース

スクールニュース vol.163

 

国立大学法人 千葉大学 国際セミナー「災害時の多機関連携におけるリーダーシップ」開催
千葉大学は、亥鼻キャンパスゐのはな記念講堂で、国内外で活躍するリーダーを招き、災害看護が多機関と協働する際のリーダーシップのあり方について、2月13日(土)に国際セミナーを開催する。
千葉大学は、高知県立大学、兵庫県立大学、東京医科歯科大学、日本赤十字看護大学と共同で、平成24年度博士課程教育リーディングプログラムへの申請を行い、日本初の国公私立5大学共同教育課程「災害看護グローバルリーダー養成プログラム」が採択された。各大学の資源を共有し、国内外で生じる災害に関する多くの課題に的確に対応し、学際的・国際的指導力を発揮し、健康社会の構築と安全・安心・自立に寄与する「災害看護グローバルリーダー」の養成に取り組んでいる。
今回のセミナーでは、国際的な災害看護の緊急事態の際に、行政の多様な機関、民間NGOなど複数部門を横断して協働・連携の意思決定と行動を可能にする能力を有するリーダー達が講演を行う。人間を中心としてケアの哲学に基づき、災害看護が多機関と協働する際のリーダーシップのあり方について考える場となる。
詳細は、同大学ホームページを参照。http://www.n.chiba-u.jp/dngl/seminar.html

 

館林市 学校給食センターの整備運営をPFI方式で実施
1月13日、群馬県館林市は市立小中学校16校7,000食規模学校給食を提供する学校給食センターの整備運営について、PFI方式による特定事業に選定し、14日には事業者選定の入札公告を行った。同市ホームページに掲載されている。老朽化した2つの学校給食センター機能をあわせた規模の学校給食センター整備と運営を行う。整備は新しい給食センターでの給食提供を予定している平成30年8月までに完了させ、その後15年をこの事業における運営期間とする。

scnophoto

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。