Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2016年2月19金 in スクールニュース

スクールニュース vol.170

 

編集部から① 日進市立赤池小学校増築工事 鍵引渡し式

2月15日、日進市立赤池小学校(吉田勝俊校長)で、増築校舎の完成を祝う会と鍵の引渡し式が行われると聞き、同校を訪問しました。平成20年に開校した赤池小学校は、昨年の夏から4階建ての校舎に5階を増築する工事が行われていました。開校後も児童が増え続け、来年度から教室不足になると予測されたためです。
引渡し式には、日進市教育委員会の吉橋一典教育長と担当職員の桃原さん・加藤さん、設計者の大建設計、施工者の村本建設・ダイトー・東芝エレベータの各社が招待されていました。吉橋教育長と村本建設の蜂須賀さんの完成を祝う挨拶の後、校舎の鍵が5年生の代表児童に引き渡され、鍵を受け取った二人の児童は、感謝の気持ちを忘れずに大切に使いたいとお礼を述べました。
この事業は、設計段階からの学校建築の様々なプロセスの中に、ユーザーである児童を様々な形で参加させています。子どもたちにとって身近である学校の校舎がつくられる過程を通して、「つくる」こととは何かを知ってもらいたいという大人からのメッセージが込められており、その様子は、日進市ホームページ(http://www.city.nisshin.lg.jp/)の赤池小学校増築工事のページで見ることができます。
引渡し式の後、完成した5階を見せてもらっていたところ、先生に連れられて5階を見に来た児童が、引渡し式に出席していた教育委員会の加藤さんに気付いてお礼をいう姿は印象深かったです。

5階建になった日進市立赤池小学校の校舎外観

5階建になった日進市立赤池小学校の校舎外観

吉橋一典教育長から鍵を受取る赤池小学校の児童

吉橋一典教育長から鍵を受取る赤池小学校の児童

 

編集部から② 緊急セミナーを開催

3月31日に「2016学校施設づくりセミナー」を緊急開催します。
これからの人口減少社会を前に、学校施設をはじめとする公共性の高い建築物はどのように活用していくとよいのかをテーマとし、講師は、文部科学省大臣官房文教施設企画部の担当官様と、全国で施設のマネジメント計画策定の支援を行っている(株)ファインコラボレート研究所の望月伸一様の2名で、場所は品川駅から5分のコクヨ多目的ホールです。
詳細は、決まり次第弊社ホームページでお伝えします。

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。