Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2016年6月10金 in スクールニュース

スクールニュース vol.192

 

三重県鈴鹿市 栄小学校の新体育館が完成

建物の老朽化と児童数の増加のため建て替え工事を進めていた鈴鹿市立栄小学校の体育館が完成した。新体育館はRC造一部S造1階建て、延べ床面積は約894㎡、総事業費は約4億5,000万円。全電灯をLED照明にし、多目的トイレも備える。同体育館は、災害時の一時避難所にもなるが、浸水予測地域にあることから、グラウンド面から約1メートル基礎部分のかさあげをしている。

 

山口県柳井市 白壁の町並みと調和する新しい体育館

柳井市立柳内小学校の新しい体育館が完成した。体育館はS造平屋建て一部半地下造り、延べ床面積約1,350㎡。工事費は約4億1,400万円。学校がやない西蔵通りに接するため、白壁風の外装、和瓦のひさし小窓、和紙風ガラス窓を南北面に設けるなど、街並みとの調和を図っている。完成を機に、児童から募集した体育館の愛称は、学校のキャラクター「なぎ」と、学校周辺の「白壁の町並み」から『なぎ蔵』と名付けられた。

 

scnophoto

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。