Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2016年9月06火 in スクールニュース

スクールニュース vol.209

 

文部科学省 「学校施設の防災対策セミナー」を開催

文部科学省では、10月から全国5か所で「平成28年度 学校施設の防災対策セミナー」を開催する。

学校施設の防災対策上の役割が日ごと高まる現在、全国各地で対策が進められる一方で、先日の熊本地震をはじめ新たに起きる大規模自然災害は、現状に対する課題を我々に突きつける。文部科学省大臣官房文教施設企画部では、数ある課題の中でも緊急性や安全性などの観点から、特に重要な課題として「非構造部材の耐震化」「避難所としての防災機能強化」「津波対策」などに焦点をあてた。セミナーでは、専門家による被害状況の解説、先頭を行く地方公共団体の取組み、国として目指す方向性など、最新の情報や昨年好評だった講演を踏まえ、防災に取組む人々が対策を進める際の一助となるよう情報発信を行う。

会場は東京(10月7日)、札幌(同21日)、金沢(11月2日)、福岡(同25日)、大阪(29年1月27日)で、昨年度は参加対象を防災対策や学校施設整備の地方公共団体等担当者としていたところ、今年度は学校施設と防災に関わるすべての人に対して申込みを可能とした。受講料は無料である。

プログラムの詳細や申込みについては、同省ホームページ(http://www.mext.go.jp/b_menu/gyouji/detail/1360585.htm)を参照。

昨年の様子

昨年の様子

 

四條畷市 認定こども園整備

大阪府四條畷市では、通りを挟んで向かい合っている市立の四条畷あおぞら幼稚園と忍ヶ丘保育所を統合する。名称は認定こども園「忍ヶ丘あおぞらこども園」で、既存の2施設をそのまま活用する幼保連携型として平成29年4月に開園する。また四條畷市では、同園ならびに市内の施設型給付に移行した民間の認定こども園や幼稚園に通園する1号認定の子どもについて、給食費を無償化することも発表した(9月2日市ホームページ)。

 

NTTファシリティーズ FM体制を強化

8月31日、株式会社NTTファシリティーズは学校法人聖路加国際大学との間でファシリティマネジメント体制の強化に関わる契約を締結したことを発表した。知見の共有、PDCAサイクルの効率化、根拠に基づく整備計画に取組み、他の病院に対して実践経験を活かしたFMの提案を進めていくという。