Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2017年1月13金 in スクールニュース

スクールニュース vol.236

 

常葉大学 新キャンパス構想

2013年に静岡、浜松、富士にあった3大学を統合し誕生した10学部19学科を擁する常葉大学。同大学は、2018年4月を目処にJR草薙駅そばに新校舎を開設する構想を発表した。校地の周辺は、県立中央図書館、県立美術館、県立大学、静岡県草薙総合運動場などが集まる文教エリアであり、また、JR草薙駅橋上駅舎整備をはじめとした駅周辺整備事業も進められ、街が新しく生まれ変わろうとしている地区でもある。同大学ではその地域性も踏まえ、新キャンパスを「地域に開かれたキャンパス」」「地域連携の拠点となるキャンパス」として地域貢献型モデル校としての役割をめざしていく。
施設は、S造6階建て、延床面積約54,000㎡。設計施工は竹中工務店名古屋支店。2018年2月の竣工予定。

 

徳島県鳴門市 学校給食センター建設

鳴門市は、学校の給食調理室の老朽化を受け、新しい学校給食センターの建設を進めている。新学校給食センターは大津町備前島松ノ本219(鳴門市農業センター跡地)に、S造2階建て、敷地面積14,465㎡、延床面積2,878.56㎡で建設される。調理能力は1日5,000食で、中学校4校、小学校11校、幼稚園10園に供給する。
施設は2017年5月までに建設工事を終え、その後約2ヵ月の研修等の期間を経て、夏頃より稼動する予定である。なお、新センターは、想定される津波に耐えうるように建物周囲を造成している。

 

scnophoto

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。