Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2017年1月20金 in スクールニュース

スクールニュース vol.237

 

株式会社タニタ 川崎市の中学校給食メニューを監修

株式会社タニタは「健康給食@川崎 プロデュース by TANITA」と名付けた給食メニューを川崎市の市立中学校全52校に提供する。2018年5月から年4回、四半期ごとの実施を予定しており、1月17日には川崎市との間で協定を締結したと発表した。
同社によると、監修した給食が定番メニューとなるのは全国初で、この給食提供日には各校で食育の特別授業も実施する。給食メニューも食育の教材も同社と川崎市の連携によってつくられたもので、5月は「タラのから揚げ野菜あんかけ給食」、7月は「かぼちゃと豚肉のオイスターソース炒め給食」、10月は「とり肉のはちみつマスタード焼き給食」、1月は「とり肉のきのこソースかけ給食」が予定されている。

 

ヤマハ株式会社 デジタル音楽教材「ボーカロイド教育版」を提供開始

1月16日、ヤマハ株式会社はICTを活用した音楽教育ソリューション「Smart Education System」の提供を開始すると発表した。まず、主に小中学校の音楽教育の現場で活用できるタブレット端末用のデジタル音楽教材3種類を提供する。
「ボーカロイド教育版」は、同社開発の歌声合成技術「VOCALOIDTM」を小中学校の授業で使うことを想定して改良したデジタル教材。ゴールに向かってカリキュラムを計画して進め、最後に成果が作品として残るところが開発に協力した学校から高い評価を得、さらに、創造性と論理性を同時に育む観点から「プログラミング教育」の分野でも注目されている。「ギター授業」と「箏授業」は、教員に演奏経験がなくてもギターや箏を学習できることを目指した。演奏中の姿勢や手元、指などの動きを確認できるアングル切替機能などを搭載している。
「ボーカロイド教育版」は2月7日(火)発売でシングルライセンスが20,000円、校内無制限ライセンスはオープン価格。「ギター授業」「箏授業」は3月上旬発売予定でともにシングルライセンスが7,500円、校内無制限ライセンスが年間15,000円(すべて税抜価格)。

記者発表の様子

記者発表の様子

 

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。