Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2017年2月20月 in スクールニュース

スクールニュース vol.244

 

国土交通省 サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)

2月6日、平成28年度2回目となる上記事業の提案募集から7件、ほか、第2次補正予算を活用してCLT工法などを対象とした木造実験棟の提案募集として5件を採択したと発表した。木造先導型では、国際基督教大学(ICU)が整備する新しい体育施設のプロジェクトが含まれた。在来工法、LVL、CLTなど多様な技術を組み合わせた大規模木造建築物とする計画。

 

一般財団法人軽井沢風越学園設立準備財団 2020年開校を目指す

幼小中12年一貫教育を行う学校法人軽井沢風越学園設立準備を開始する。新しい学校のあり方を提示し、今後の公教育のモデルとなるような学校を目指す。平成30年6月に長野県への申請を行い、平成32年4月に軽井沢町での開校を目指す。

 

大阪府 ファシリティマネジメントの取組状況を公表

平成27年11月策定の「大阪府ファシリティマネジメント基本方針」に基づいて、概ね建築後25年・50年を目途に所有施設の活用方針を検討している。平成28年度は学校17校を含む36施設の活用方針を検討、劣化度と有効活用度から維持(28)、建替え(3)、有効活用(1)、撤去・廃止(3)などに分類、2月17日に府ホームページで公表。

 

奈良市 幼稚園・保育所再編

市立幼稚園と保育所を再編し、幼保連携型認定こども園への移行(民間移管を含む)を進めている奈良市が、昨年8月に公表した再編実施方針の進捗状況を公表した。対象となっている10の幼稚園・保育所は平成30年度から32年度にかけて6園に再編される。

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。