Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2020年7月01水 in スクールニュース

スクールニュース vol.497

 

内閣府 教育・保育施設等における事故報告集計

こども・子育て本部が6月26日に発表。平成31年1月1日から令和元年12月31日の期間内に報告のあった、死亡事故や治療期間が30日以上の負傷や疾病を伴う事故をとりまとめた。対象は認定こども園・幼稚園・認可保育所・小規模保育事業・家庭的保育事業・居宅訪問型保育事業・事業所内保育事業(認可)・一時預かり事業・病児保育事業・子育て援助活動支援事業・子育て短期支援事業・放課後児童健全育成事業・認可外保育施設・認可外の居宅訪問型保育事業である。
死亡事故は6件と昨年から3件減ったものの、総報告件数は1,744件で103件増加した。このうち81%にあたる1,401件が骨折である。施設別では認可保育所(2万3,579か所)の879件が最も多く、放課後児童クラブ(2万5,881か所)の445件がそれに続く。
そしてその発生場所は、90%にあたる1,564件が施設内で、837件が施設内の室外であった。件数の最も多い認可保育所の施設内での発生状況が室内387件、室外383件とほぼ同数であり、多くの施設で同様の傾向がみられるなか、放課後児童クラブでは施設内で室内147件、室外254件と差が大きい。

 

山形県 庄内中高一貫校(仮称)の教育基本計画(案)を公表

鶴岡北高と鶴岡南高を再編し、あわせて中学校を併設。中高一貫校とする計画の庄内中高一貫校(仮称)の教育基本計画の概要が6月30日に発表された。開校は令和6(2024)年を予定し、中学校が現在の鶴岡北高、高校が鶴岡南校の施設を改修して使用する。中学校は定員99名で高校は280名のうち80名を理数科とし、中学校では高校の学習内容も見通した学習が行われる。中高ともICTの活用による個別最適化した学習を展開、生徒1人ひとりの興味関心や進路希望に応じた学びの実現を図るとしている。
山形県立の中高一貫校としては、平成28(2016)年度、東根市に東桜学館中学校・高等学校が開校している(弊誌371号掲載)。

 

 

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnew
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。