Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2022年1月25火 in スクールニュース

スクールニュース vol.613

 

藤里町 令和5年度、義務教育学校の開校に向けて

世界自然遺産・白神山地など豊かな自然環境に恵まれる藤里町(秋田県山本郡)は、町に1校ずつの小学校 藤里小学校と、中学校 藤里中学校を再編し、令和5年4月に義務教育学校の開校を予定している。現在、校舎の施設整備や、義務教育学校の教育内容についてそれぞれ委員会を設置し、検討を進めているところだ。
新しい義務教育学校の校名は『藤里町立義務教育学校 藤里学園』に決定、町の「地域の要」「地域を支える学校」となることを目指している。
藤里学園では、より地域に開かれた教育課程を実現するため、今年度から藤里小学校と、藤里中学校において1つの学校運営協議会(コミュニティ・スクール)を組織。令和5年度の義務教育学校開校に合わせて、今から地域学校協働本部を立ち上げ、コミュニティ・スクールが機能する体制づくりを行っている。藤里学園では、地域住民が学校に関わり、小・中学校の系統性のある内容に再編し特色ある教育の1つとして「町づくり学」を展開していくとのことである。また、同町が、世界自然遺産である白神山地を要することから、世界遺産を通じて国内外に持つ多くのネットワークを活かして、児童生徒の視野を広げながら、豊かなコミュニケーション能力も育んでいく。
さらに、現在ある町の保育園と幼稚園を、将来的には、認定こども園として義務教育学校の近隣に整備することで、義務教育学校 藤里学園の周辺を町の教育エリアとする構想もあり、ソフト的に保育園、幼稚園との連携を推進することで、前期課程において接続カリキュラムに取り組んでいくとしている。また後期課程においては、幼児との関わりを通して生徒が豊かな情操教育を育むなど、様々な効果を見据えている。
施設整備については、町の財政的負担を最小限にするため、現在の藤里小学校の校舎を改修(一部増築)して使用する計画だ。工事は令和2年8月からスタート、令和4年度までの3年間で整備をしている。増築部分は、職員室・多目的ホール・普通教室・昇降口の一部・エレベーターなど。

 

 

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。