Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2015年1月02金 in スクールニュース

スクールニュース vol.87

 

佐賀県 「新たな生徒減少期に対応した佐賀県立高等学校再編整備実施計画(第1次)」策定

12月24日、佐賀県は「新たな生徒減少期に対応した佐賀県立高等学校再編整備実施計画(第1次)」を策定した。佐賀県では、平成30年度から33年度にかけて県内中学校の卒業者数が大きく減少し、33年度は今年度からおよそ1200名減少すると見込まれている。県立高等学校全日制課程の望ましい学校規模を1学年4学級〜8学級と考える佐賀県では、1学年3学級以下もしくは将来的に見込まれる学校を中心に学校としての活力の向上、教育の質の充実によって魅力と活力のある高等学校となるための実施計画(第一次)を策定した。本計画にあげられた再編対象ごとに設置準備委員会を設置し、教育内容等について検討することになる。この計画では伊万里地区、武雄・杵島地区の他新たに唐津地区、鹿島・藤津地区の県立高等学校が再編対象としてあげられており、28年度を目途に第二次計画を策定することも計画されている。

詳細は、佐賀県ホームページ12月24日発表

 

公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会 第9回JFMA賞発表

12月25日、公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会が主催する第9回JFMA賞が発表された。今回は優秀ファシリティマネジメント賞4件、特別賞・技術賞・功績賞が各1件、奨励賞7件の合計14件が受賞。最優秀賞にあたる鵜澤賞は、シービーアールイー株式会社の東京本社オフィスにおけるFMの取組が受賞した。また、廃校となった高等学校の体育館をリノベーションし、市庁舎へと移転した富山県氷見市の取組も優秀ファシリティマネジメント賞を受賞した。2月18日〜20日のJFMAフォーラムにて受賞式(19日)及び優秀FM賞・特別賞・功績賞の事例発表(20日)が行われる予定。

詳細は公益社団法人日本ファシリティマネジメント協会12月25日発表

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/

登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。