Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2015年2月13金 in スクールニュース, セミナー開催情報

「2015 学校施設づくりセミナー&見学会in慶應義塾横浜初等部」開催

 

keio-1

 

■開催テーマ
- 子どもの好奇心を触発する学校施設 -「慶應義塾横浜初等部の教育と施設環境を見る」

■開催期日・場所
平成27年3月8日(日)13:00〜15:45(開場:12:30)
慶應義塾横浜初等部 講堂

慶應義塾横浜初等部は幼稚舎(広尾)と並び、初等教育から中・高・大学・大学院までの慶應義塾の一貫教育の新たな源流となる学校として2013年(平成25年)4月大きな期待をされ、創立150年記念事業の一環で開校しました。
横浜初等部の施設計画における理念は、次の4点に重点を置き整備されました。
1.好奇心を触発できる空間
2.子供が教員の温かな眼差しを感じることができる環境
3.安全の確保
4.慶應義塾らしい落ち着いたデザイン
子どもがもともと持っている柔らかな感性と旺盛な好奇心を大切にし、さらに大きく、そのもつ資質や能力が開花・発展する環境の創出と、学習支援できうる理想の校舎づくりをめざしています。
例えば図書館には図書以外にも標本・資料などを展示して、生徒の好奇心を刺激する場所にすることをめざしています。様々な本と資料の間を行ったり来たりするうちに、興味が深まると共に他の分野にも興味、思考が拡がっていくように工夫をしています。
また、「言葉の力の教育」の展開のために図書館と講堂を校舎の中心に配して、図書館を「読む」「書く」の象徴、講堂を「聞く」「話す」を象徴する場所と位置付けています。その他の施設環境も随所に子供たちの好奇心を触発する学習空間です。
そのため、広く関係者からのご要望に応え、慶應義塾横浜初等部様、皆様のご協力を得て、月刊スクールアメニティ誌発行のボイックス株式会社/一般社団法人文教施設協会は、2015 学校施設づくりセミナー&見学会を下記の内容にて、開催することとなりました。

■セミナープログラム
○「教育理念と安全を共に実現する学校施設づくり」
教育理念を実現すると共に、生徒の安全を担保する校舎を建築 する為には、設計・建築担当者とのきめ細やかなコミュニケー ションが大切になります。横浜初等部の施設を通じて、学校施設づくりにおいて配慮すべきことを考えます。
慶應義塾横浜初等部長 山内慶太氏

○好奇心を触発する空間-図書館『智勇のひろば』-」
横浜初等部の校舎の中心には図書館があります。図書館の理念とデザインを紹介し、更に図書館を核にした教育活動の実践と可能性を考えます。
慶應義塾横浜初等部主事 近藤由紀彦氏

○「環境型キャンパス慶應義塾横浜初等部の室内省エネルギー環境と設備」
東京ガス株式会社 技術担当

○見学会(1時間程度)

keio-2

 


主  催/ボイックス株式会社/一般社団法人 文教施設協会
開催運営/月刊スクールアメニティ/季刊文教施設編集部
TEL 03-6450-1831 FAX 03-6450-1065 東京都港区芝大門1-10-5 シバ・パークビル3F
開催協力/慶應義塾横浜初等部
協  力/東京ガス株式会社/公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会(予定)
一般社団法人 日本照明工業会 、まなびやづくり研究会(横浜)、他


 

詳しくは→http://www.voi-x.com/index.html

パンフレットダウンロード→http://www.voi-x.com/image/2015.3.8-keio.pdf

 

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。