Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2014年7月11金 in スクールニュース

スクールニュース vol.28

 

洲本市立由良小学校新校舎が完成。同校の改築により、洲本市すべての小中学校で耐震化が完了

140年の歴史を持つ洲本市立由良小学校(兵庫県)の新校舎が完成した。当初、海岸線への移転案もあったが、東日本大震災を経て地元からの要望を踏まえ、標高約9.6mの現在の高台の旧校舎横に新築された。構造規模は鉄筋コンクリート造3階建てで、18kWの太陽光発電設備など災害時の避難所機能も備える。なお、由良小学校の改築により洲本市のすべての小中学校(小学校13、中学校5)の耐震化が完了した。

 

酒々井町の3小中学校で太陽光発電

千葉県の酒々井町では、町内の全小中学校(酒々井小学校・大室台小学校・酒々井中学校)に太陽光発電の整備を行い、本格的な稼働が始まった。発電した電力は学校設備の電気使用に補填するほか、余剰電力は電力会社に売却する。発電設備は「蓄電池」を備えており、非常時の電力の供給にも活用できる仕組みとなっている。

 

scnophoto

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/

登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。