Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2014年8月08金 in スクールニュース

スクールニュースvol.44

 

北海道別海町 中春別中学校、新校舎完成

北海道東端、別海町立中春別中学校の新校舎が完成した。同校は耐震力不足により全面改築を進めていた。新しい校舎は、内部に北海道産のカラマツ材をふんだんに使用し、あたたかみのある学習環境となっている。また、オール電化で、屋上には太陽光発電パネルを設置。教室間にある多目的ホールには床暖房設備も整備された。

 

山形県山辺町 山辺中学校新校舎整備について

山辺町立山辺中学校の改築事業が進んでいる。校舎は、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)2階建てで、環境負荷の低減を考慮した施設をめざした。また、図書室、コンピューター室、階段式多目的視聴覚室は「調べる、学ぶ、発表する」の一連の学習が行えるメディアセンターとして集約。他にも多目的スペースの整備、及び生徒の関心に応えるため、教師コーナーを設けた教科スクエアも設ける。開校は2015年4月を予定している。

 

石川県白山市 明光小学校新校舎(教室棟)見学会

白山市は、完成した明光小学校の新校舎(教室棟)の見学会を実施する。校舎は、多様な学習に対応した各教室前のオープンスペースや、南面採光を確保した快適な学習空間に配慮したつくりになっている。
○日時:平成26年8月17日(日) 午前9時〜午後3時
○会場:白山市立明光小学校(白山市井口町は1-4)
問い合わせ先:白山市教育委員会事務局教育総務課 076-274-9570

 

日大豊山中学校・豊山高等学校、新校舎建設

日大豊山中学校・豊山高等学校は2015年4月より新校舎で授業が開始予定。現在新校舎は旧校舎解体場所に建設されており、2015年3月に竣工予定。

 

ヤマハ発動機 第1号プールで特別授業

7月、ヤハマ発動機株式会社のプール事業推進部による特別授業「プールができるまで」が、静岡県磐田市の市立東部小学校で行われた。同校のプールサイドに集まった6年生児童およそ120名を前に、同社の社員が講師となってFRPプールの素材や工法を説明する出張授業である。磐田市立東部小学校のプールは同社による学校水泳プールの第1号であり、昭和53年の納入後36年が経過しているが、今なお奇麗な姿を保っているという。授業ではFRPの性質やプールの安全性についてなども説明もあり、高い評価によって多くの場面でFRPプールが活用されていること、東日本大震災でも本体の損傷がゼロであったことやこれまでに排水口が原因の事故も報告されていないことなどが紹介された。後日児童から「(第1号プールである)自分たちの学校のプールが誇らしい」などの言葉が、同社に寄せられたという。
※ヤマハ発動機ニュースレター82号より

SONY DSC

ヤマハ発動機提供

 

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/

登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。