Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2014年8月13水 in スクールニュース

スクールニュースvol.46

 

学校法人 東洋大学 赤羽台キャンパスに新たな情報系学部を開設

学校法人 東洋大学は、2010年、都心部への大学機能(学部・大学院の教育研究機能)の移転・集中を目的に、旧北区立赤羽台中学校として使用していた跡地(赤羽台キャンパス)を取得、現在は、中学校の校舎を改修し、京北中学校・京北高等学校、白山高等学校の仮校舎として使用してるが、2017年4月、同敷地に、新たな情報系学部(大学院研究科も含む)を開設するにあたり、2015年4月〜2017年3月までに既存建物を解体し新校舎建設工事を行う。
現在、白山第2キャンパス(文京区白山2-36-5)で、京北中学校・京北高等学校、白山高等学校の新校舎を建設中、2015年4月に移転予定。
赤羽台キャンパスの整備は、現時点で総工費120億5190万円を想定規模としている。

 

学校法人 藤田学園 50周年記念事業で三河地区初の大学病院を設置

学校法人 藤田学園の運営する藤田保健衛生大学病院は、大学創設50周年事業の一環として、岡崎市駅南土地区画整理事業区域内の約3haに新病院の設置を進めている。新病院は同市の南部・西部地域の救急搬送を担い、24時間救急医療に対応できる第2救急医療病院としての整備を予定。現時点の設置予定の診療科は、救急医療科を中心に、内科、外科、小児科、整形外科、脳外科、産婦人科などを検討している。岡崎市は誘致に当たり400床程度の規模を要望している。
建設地は、JR岡崎駅南西1kmの岡崎小学校の西側。設計は梓設計、施工は大林組。規模は、S造地下1階地上13階建、延床面積52,899㎡。

 

三重県伊勢市 豐浜・北浜統合中学校(仮称)建設工事

三重県伊勢市は同統合中学校の建設工事設計業務委託の一般競争入札を公告した。概要は、校舎がRC造4階建、延6,200㎡程度、屋内運動場がRC造平屋建1,200㎡程度等の基本・実施設計。工事費は校舎が約19億8000万円、屋内運動場が約3億3000万円を予定。履行期限は2015年7月17日。(建設地は同市植山町)

 

大阪府大阪市 浪速区に4校目となる施設一体型小中一貫校を設置

大阪市では、浪速区にある恵美小学校、日東小学校、日本橋小学校の3校を統合し、平成29年4月の開校をめざし施設一体型小中一貫校を整備する。日本橋中学校の校舎(RC造4階建)を改修、および同中学校の敷地南側にある関谷町公園(約8,800㎡)を校地として新校舎も建設する。新校舎は、RC造5階建、延床面積5,000㎡。クラス数は1学年3クラス、9学年27クラスを予定している。
同校は、やたなか(東住吉区)、むくのき学園(東淀川区)、平成27年に開校予定の今宮中学校内に設ける今宮小中一貫校(西成区/萩之茶屋・今宮・弘治の3小学校統合)に続き4校目となる。日本橋中学校の所在地は、大阪市浪速区日本橋西1-7-6。実施設計は東急設計コンサルタントが担当する。

 

scnophoto

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/

登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。