Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2014年10月27月 in スクールニュース

スクールニュースvol.72

 

滋賀県草津市 分離新設校の計画がまとまる

草津市立老上小学校は、JR南草津駅周辺で進められている土地区画整理事業や宅地開発によって児童数の増加が続いている。そのため草津市では、教育環境を適正なものとするために平成28年4月の開校を目指して分離新設校の計画が進められている。

設置場所は校区のほぼ中央となる草津市矢橋町で、平成26年度のエコスクールパイロット・モデル事業の認定を文部科学省から受けている。校舎は木造2階建ての普通教室棟とS造2階建ての特別教室棟も木質化を進めてあたたかみのある学校づくりを目指すとしている。その他太陽光発電や人感センサー付きのLED照明、複層ガラスを用いた断熱化などが導入される計画である。平成26年〜27年度にかけて工事が行われる予定で、学校名なども今後決められることになっている。

詳細は草津市ホームページ「草津市に新たな小学校が誕生します!!」参照

 

芝浦工業大学 中高大一貫教育の実現を目指す

芝浦工業大学では、東京都板橋区にある芝浦工業大学中学高等学校を大学豊洲キャンパスに近い江東区豊洲6丁目に移転する。中高大一貫の理系教育の実現に向けた建設工事請負契約の調印式が、10月23日に学校法人芝浦工業大学と三井住友建設株式会社との間で交わされた。校舎は地上7階建てで計画されており、竣工は平成28年8月、移転は29年4月を予定している。

芝浦工業大学10月23日発表

 

愛知県日進市 赤池小学校増築工事設計ワークショップ

市立赤池小学校の増築工事に向けて児童による設計ワークショップを行っている愛知県日進市では、全5回のワークショップの様子を市ホームページにて公表している(10月23日)。4回目と5回目は、ワークスペースの実際の使い方調査、これからやってみたいこととそのために必要なものについての話し合いが行われた。児童によるワークスペース使われ方調査の結果は、ワークショップのかわらばんでみることができる。

日進市役所10月23日新着・更新情報

 

国土交通省 平成26年度木造建築技術先導事業の第2回募集開始

国土交通省では、木造建築技術先導事業の第2回目の提案募集を開始した。11月25日まで。

この事業は、再生産可能な循環資源である木材を使用することで低炭素社会の実現に貢献するため、先導的な設計・施工技術が導入される大規模木造建築物に対してその費用の一部を補助するもの。構造・防火面、コストなどの建築生産システム、法律上の特段の措置を要するもの、多数のものが使用する施設などにおける木造または内外装の木質化が対象で、補助額は木造・木質化に関する調査設計費や、木造・木質化による工事の掛かり増し費用の1/2もしくは工事費の一定割合となる。

応募された提案は木造建築技術先導事業評価委員会による評価を踏まえて平成27年1月頃に採択を決定する予定。

国土交通省10月24日発表。

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/

登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。