Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2015年7月06月 in コンサルティング, 教育施設便覧

反射板搭載・省エネ照明器具で20 年の実績〈省エネコンサルタント〉

 

反射板搭載・省エネ照明器具で20 年の実績を背景にあらゆる省エネを対象とした「省エネの窓口」事業を開始

アイゼットは創業から20 年、一貫して「省エネは未来の子供たちへの贈り物」という理念のもと、反射板搭載の省エネ照明器具メーカーとしての道を歩んできました。地球規模での環境問題解決が急務となっている現在、照明を主軸にしながらも、空調や動力、さらには環境問題へも多角的にアプローチできる省エネコンサルタント集団を目的とした「省エネの窓口」を立ち上げました。

省エネの優先順位を的確に見すえて 費用対効果に優れた提案を実現する
環境ビジネスという事業が成り立っている現在、新規 参入した省エネ機器メーカーの多くは「我こそ一番」と ばかりに製品をアピールします。
しかし、私たちは20 年という歳月の中で「省エネに魔 法の杖なし」ということを痛感してきました。だからこそ、 メーカーの製品情報に加えて、多くのユーザー様からの 情報、多くの販売者様からの情報をもとに「本当に優れ た製品」を選定することに重点をおいています。
その上で、対象施設における省エネ優先順位を把握し、 かつ適切な費用対効果に収まる提案を実施する、それこ そがこの「省エネの窓口」の基本骨子となります。
実際に技術力はあるのに営業力がない、そうした状況 の中で埋もれてしまっている省エネ機器も少なくありま せん。あるいは類似した製品には長所・短所ともにある のが現実です。省エネに真摯に向き合う、それこそがこ の新規事業を継続していく上での生命線です。

がまんしない省エネという考えが 教育施設にとってはキーポイント
私たちが省エネを推進するにあたって常に心がけてい るものに「がまんしない省エネ」という考えがあります。「1 本で2本の明るさ。1本で日本の明るさ。」をテーマに発 表した反射板搭載照明器具は、消費電力を半分にまで省 エネしてなお、同等の照度を維持する製品として多くの 採用をいただきました。
例えば教育施設において、省エネを推進するばかりに 学習に必要な明るさが維持できていなければ本末転倒と いえます。空調にしても同様でしょう。
言い換えれば快適な学習環境を整えつつ、それでいて 省エネを提案していくのが「省エネの窓口」の提案です。
一般的な企業と比較して、照明における消費電力のウェ イトが大きい教育施設においては真っ先に蛍光灯のLED 化、体育館・ホール等の水銀灯のLED 化が挙げられます。 しかし、それだけではなく、空調の省エネ、空調の延命、 窓ガラスの遮熱、壁面・屋根の遮熱等、教育施設にも多 くの省エネ要素があります。給食センターなどでは衛生 問題に直結する環境問題にも直面します。そうした複合 的な提案から短期・中期の省エネ・環境改善計画の立案 をサポートできるのも「省エネの窓口」のメリットです。

製品情報から補助金情報まで 定期セミナーでも案内を実施
公共性の高い教育施設とはいえリニューアル等によっ て省エネを実現しようとすれば設備投資は当然かかって きます。多くの一般企業が国の助成金を利用しているの と同様、教育施設でも利用可能な助成金やESCO 事業など の有効利用も視野に入れているのが「省エネの窓口」です。
定期開催している無料セミナーでは、製品情報はもち ろんのこと、こうした助成金についての情報も盛り込ん で省エネを多角的に考える場の提供を行なっています。
参加している方は企業の設備担当者や省エネ機器メー カー、もちろん設計事務所や省エネ機器メーカーの方々 の参加も歓迎しています。
省エネ対象施設関係者、省エネ機器メーカー関係者、省 エネ機器販売者の情報プラットフォームとなるのも、私 たち「省エネの窓口」の大きな役割の一つと考えています。

161-001

 

(株)アイゼット
本   社 (担当/唐沢) ☎ 0265-71-8822
〒399-4511 長野県上伊那郡南箕輪村6201-1
東京営業所 (担当/町山) ☎ 03-5833-8801
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-1-6 東日本橋藤和ビル3F
<反射板搭載照明器具> http://www.iz-inc.co.jp