Pages Menu
Categories Menu

Posted on 2016年10月21金 in スクールニュース

スクールニュース vol.218

 

川越市 新学校給食センター整備運営事業について
川越市は、2017年9月の運用開始を目指し、新学校給食センターの整備を進めている。川越市新学校給食センター(仮称)は、施設の設計・建設、維持管理、運営を一括で民間事業者に委ねるPFI手法で事業を実施している。ただし、運営業務のうち、献立の作成、食材の調達、検食などについては市が実施する。建設場所は、川越市大字菅間18番地1。小学校12校、中学校・特別支援学校12校など、一日あたり約12,000食を提供する予定。アレルギー対応食約260食の調理・配送は、同施設が担当する小学校及び中学校等の配送に加えて、菅間学校給食センター、今成学校給食センター配送校も対象とする。

 

(一財)都市農山漁村交流活性化機構 2016全国廃校活用セミナー(東北地区)in山形県高畠町開催
都市と農山漁村が一体となった地域活性化を図り、自然と調和のとれた豊かで潤いある社会の実現をめざし様々な活動を行っている(一財)都市農山漁村交流活性化機構。同機構は、廃校活用をテーマとする各種情報提供を行い、農山漁村地域の活性化支援を目的に2016年10月26日、27日に、熱中小学校(旧時沢小学校/山形県東置賜郡高畠町時沢1256-1)にて「2016全国廃校活用セミナー(東北地区)in山形県高畠町」を開催する。
事例報告などが予定されている主なプログラム及び講演者は次の通り。
講師:立花貴 (公社)MORIUMIUS代表理事『MORIUMIUS(旧桑浜小学校/宮城県石巻市)』
講師:菊池倫史 遠野市経営企画部まちづくり再生担当主任『遠野みらい創りカレッジ(旧土淵中学校/岩手県遠野市)』
講師:柴田浩之 五城目町まちづくり課まちづくり係長『五城目町地域活性化支援センターBABAMEBASE(旧馬場目小学校/秋田県五城目町)』
講師:石黒浩司 廃校再生プロジェクトNPO法人はじまりの学校事務局長『熱中小学校(旧時沢小学校/山形県高畠町)』
講師:重松大輔 熱中小学校校長『(仮題)シェアリングエコノミーの起業化とスペースの有効活用』

 

ベネッセグループ 大学の教育力ランキングを3月に発表
ベネッセグループは、「世界大学ランキング」で知られるイギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」を運営するTES Global社とともに、「THE 世界大学ランキング日本版」(仮称)を平成29年3月に発表することを予定している。THEがこれまで培ってきた評価手法とベネッセグループが蓄積してきたデータを生かし、さらには学生や企業の人事担当者などの声も盛り込むことを予定している。主に研究力を評価している「世界大学ランキング」とは異なり4年間でどう学生を育むのか、そのための適切な環境はあるのか、教育力を評価するものとして、入学の難易度とは異なるものを目指しているという。同様のランキングは、アメリカ国内の大学を対象にしたものが今年発表されている。
10月19日に行われた記者発表の席では、これに先立って「2016-17世界大学ランキング」を踏まえた日本の大学の現状について、TES Global社のTrevor Barrattマネージング・ディレクターとTHE編集長のPhill Baty氏が解説した。Baty氏は今回のランキングに日本からは69大学がランクインしており、これはアメリカ、イギリスに次ぐ第3位であること、日本の大学はアジアでは高い評価を得ているものの、弱点の一つである収益力を東アジアの大学が近年伸ばしてきていること、また言語の壁や長くトップレベルであるために国際化が遅れていることを指摘した。最新の同ランキングによると、1位はオックスフォード大学で2位はカリフォルニア工科大学。日本の大学は東京大学が39位で首位、京都大学の91位が2番目だが、株式会社ベネッセコーポレーションの藤井雅徳氏によると、論文引用数の高い豊田工業大学と近畿大学、地方の国公立大学のランクインが目立ったという。

1019

 

過去のスクールニュース → http://www.schoolnews.jp/category/schoolnews/
登録解除は上記サイト上部の「メルマガ登録解除」を選択してください。